MENU

札幌の亀頭増大クリニック/病院人気ランキング

亀頭増大手術で主流になっている薬剤

亀頭増大手術は主に薬剤を注入して行うのが主な方法です。注入する薬剤は持続型ヒアルロン酸・パーフォーム・アクアミドが現在では主流となっています。まずは持続型ヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸は元々人体に存在している成分なので安全性は非常に高いです。亀頭増大手術でヒアルロン酸を使う場合は時間と共に体内に吸収されていってしまう為、定期的に注入を繰り返す必要があります。ヒアルロン酸は分子が大きいほど体内に吸収されるスピードが遅いので、分子が大きいヒアルロン酸を注入した場合は平均で2〜3年の持続期間が必要です。分子が小さいヒアルロン酸を注入した場合は、数ヵ月で元に戻ってしまう事があるのでその点は注意が必要になります。パーフォームは美容整形での鼻の手術でも使用されている薬剤で、3種類の中で一番弾力性に優れていて持続性も長いと言えます。このパーフォームは95%以上が水分で残りがアルキルイミドという成分で作られており、体内に注入しても異物と判断されにくく安全性も高くなっています。ヒアルロン酸のように自然に体内に吸収される事もないので、一度亀頭増大手術を受ければその効果は半永久的に持続すると考えられています。アクアミドは97.5%が水分で出来ており、残りはポリアクリルアマイドという成分で作られています。こちらも体内に吸収される事はなく、一度亀頭増大手術を受ければ効果は永久的と言えます。ただパーフォームのように術後に取り出す事は出来ないのが欠点です。亀頭増大手術の方法は亀頭の状態や何を望むのかによっても変わってくるので、まずは札幌市にもあるクリニックで無料カウンセリングを受けてどの薬剤にするのか相談してみる事をおすすめします。